ブログトップ

イラストレーター大橋明子のブログ

ohashiaki.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

赤花キヌサヤ&グリーンピース(1)

f0228973_331039.jpg

今年のビーンズは、
「赤花キヌサヤ」&「グリーンピース」やってます。

植付けが遅れたので、やっとサヤが付き始めたところです。
可憐な花の後、ちびのサヤが顔出す様子は
何度みても、胸キュンですよね!

(今日のイチゴ達。まだまだ収穫中〜。)
f0228973_323784.jpg

[PR]
by ohashi_akiko | 2013-05-22 03:16 | 1)プランター栽培日記

ビーツ栽培(2)

f0228973_30122.jpg


初夏の陽気が続いていますね。

ビーツもだいぶ大きくなってきましたよ。

順次間引いて、最終的に株間10センチ程度に。

種まき後、60〜70日で収穫なので6月末くらいかしら。。。

わくわく観察中。肥料食いなので、追肥も忘れずにしなきゃ。
[PR]
by ohashi_akiko | 2013-05-22 03:00 | 1)プランター栽培日記

いちごの親株も大丈夫!?(3)

f0228973_471842.jpg

我が家のいちご収穫祭がはじまりました。
(実が大きくなってくると頭をたれるので、様子をみてマルチング継ぎ足してあげます。)
f0228973_472313.jpg

一気に真っ赤なお姿に。(5/10撮影)
f0228973_475554.jpg

株によって大きさが不揃いですが、
甘くってしあわせ。。。
f0228973_481714.jpg

ワイルドストロベリーの方も毎日数個ずつ収穫中です。
両方合わせて、摘みたてデザートしましたよ〜。
[PR]
by ohashi_akiko | 2013-05-14 04:09 | 1)プランター栽培日記

なるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣/五木寛之著

f0228973_0134236.jpg

「なるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣」中経出版

五木寛之先生の新刊。中面イラスト描かせていただきました。

すでに養生に関するご著書が多数ある中で
これはさらに深まった内容、新たな発見満載。流石です。

古代インド思想における「家住期/26〜50歳」から
人生のクライマックスという「林住期/50〜74歳」「遊行期/75歳〜」へ。
どのような心で、そのクライマックスを歩んで行けばよいのか、
老いるということ、いずれ死を迎えるその時まで。どう引き受け、覚悟をすればいいのか。
耳をすまし、大切な人と語るように体と毎日会話する。
孤独などなく、その関係は発見ではじまり発見で終わる、
大変豊かな鉱脈。。。とも。大きな優しさで「大丈夫だから」と、包んでもらったような読後感です。

反乱する健康情報に振り回される私ですが、
何故そうなのかの説明になるほど!と、思う100の習慣。
健康メソッドの姿をした、生命の本質を語る本でした。
f0228973_0135633.jpg

(ため息は健康に良い、深いため息をつく、そうですよ〜!)
[PR]
by ohashi_akiko | 2013-05-08 00:10 | 2)つれずれ日記

いちごの親株も大丈夫!?(2)

f0228973_6472477.jpg

新緑が気持ちがよいです。
のんびりよい連休お過ごしでしょうか。

我が家のイチゴちゃんも、
日に日に実をふくらませています。
(このくらいになると、ランナーが伸びてきますが
実に栄養を行かす為に、今はカットします)

先日、「連作のすすめ」/家の光協会 
著者の木嶋利男先生を囲む勉強会、講義に参加していました。

これまでいわれてきた「連作=土壌内の微生物の単純化」でないことが、長年の研究で明らかになっているそうです。連作を続けることで一時障害が出ても、さらに続けることで、逆に土壌が安定し収量が上がるそう。目からウロコな内容いっぱいでした。

イチゴ栽培を毎年同じプランターで(土で)しても、大丈夫(親株は3年くらいで終わりするそうですが)ずぼらな私を一層ゆったりした気持ちにしてくれます〜。

「連作のすすめ」読後、みごとに全て関係し合って調和していく、
生命のしくみに感嘆のため息。。。
(野菜ごとの特徴もあり、誤解あるといけないので、気になる方は一読してみてください。)
f0228973_6482467.jpg

(梅もふくらんできましたねぇ。)
[PR]
by ohashi_akiko | 2013-05-05 06:50 | 1)プランター栽培日記

「快楽」はからだにいい/新潮文庫

f0228973_6122176.jpg

「快楽」はからだにいいー50歳からの免疫力向上作戦/新潮文庫
著者/帯津良一・幕内秀夫

自然治癒研究の第一人者、ホリスティック医療でがん治療にあたる帯津先生と「粗食のすすめ」でも有名な幕内先生の共書、新装文庫版です。

「生命場」という臓器と臓器の間にある空間。
その空間のエネルギーは皮膚や呼吸などを通じ、
外と自由に行き来し、宇宙の果て、虚空にまで広がっている。
この生命場のエネルギーは、心のあり方で
常に変化して、我々の健康状態を左右するそう。

自然治癒、免疫力とは、そもそも何なのか、
呼吸すること、食との関係、等々

体との付き合いを指南してくれるすばらしい
エッセンスぎっしりの一冊です。


******************************
f0228973_6151241.jpg

「うかる!宅建これだけマスター」/日経新聞出版社

このシリーズ5冊描かせて頂きました。
(私も、宅建受けてみたくなってきました)

受験の皆様、合格目指して頑張ってくださいー。
[PR]
by ohashi_akiko | 2013-05-05 06:16 | 2)つれずれ日記