ブログトップ

イラストレーター大橋明子のブログ

ohashiaki.exblog.jp

「豆苗」からグリーンピース(再生栽培)

f0228973_06121987.jpg
豆苗は再生栽培でおなじみですが、
豆苗自体の再収穫ではなく
丁寧にばらし、土植えにして豆収穫にトライしてました。
以外に上手に育ってくれて、大感激です。
f0228973_06133772.jpg
早取りでキヌサヤ。毎日お味噌汁に入れてました。
数本よけた豆苗から、わらわら収穫です。。
こちらが目的でしたが、グリーンピースまで少しひっぱり(笑)
f0228973_06140508.jpg
写真左上/苗ポットに3本づつ植える。昨年11月頃
中央/生育の良い2本選び大きいプランターに植付け。4月頃。
右上/ぐんぐん生長。植付け1ヶ月後あたり。
f0228973_06142435.jpg
葉も茎もりっぱに育っています。
あのひょろっとした豆苗から、あっぱれです。
f0228973_06125593.jpg
かわいい花とキヌサヤの赤ちゃん!何度観ても胸震えます(笑)

f0228973_06145988.jpg
グリーンピースとして収穫する時は、
ふくらんだサヤが、しわっとしかかった頃が適期。

こちらは沢山の量ではなかったですが、
採れたてを和風カルボナーラで大事に味わいましたよ〜。
f0228973_06151962.jpg
「グリーンピースの和風カルボナーラ」
生クリームを使わず、卵がけご飯風。お気に入りレシピです。

材料2人分/パスタ150g、グリーンピース適宜、
(A)卵2個、オリーブオイル大さじ1、麺つゆ小さじ2、パスタのゆで汁50cc、のり適宜
作り方/1、熱湯に多めの塩(分量外)でパスタを茹で、途中でグリーンピースを入れ一緒に火を通す。ゆで汁少々とっておく。
2、鍋に(A)と1のパスタ&グリーンピースをいれて絡める。
3、味を確かめてから盛りつけ、お好みでのりをトッピングする。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

豆苗リグロウ(再生栽培)は10月からが適期ですが、
まさに今の季節からできる、
通年できる品種もいろいろあります。

チェックしてみてください。(ぺこり)
f0228973_17412719.jpg

[PR]
# by ohashi_akiko | 2017-06-22 06:41 | 1)プランター栽培日記

ひよこ豆の収穫(再生栽培)

梅雨の合間のお天気、嬉しいですね。洗濯日和でした。
雨に当たる前にと、少し前ひよこ豆収穫していました!
f0228973_17383045.jpg
大豆の収穫のように、さやが茶色くなってカラカラとなってから?
と悩む所ですが、やや若とりにしています。
f0228973_16494537.jpg
あまりに茶色く枯れてたさやは、豆が必要以上に縮んで
しまっていて。(直径3ミリくらいのも!)
なので、ある程度で全体を刈り取るのがよさそうです。
f0228973_16502880.jpg
一番左くらいの若取り(写真下)が美味しかったですよ。
全部まとめて、ウコンご飯にして食べました。ホクホクでしたー!
f0228973_16530950.jpg
ひよこ豆は、通便効果が有名ですが、梅雨にダメージを受けやすい脾の働きを助け、ウコンは水分代謝を促す働きも。
f0228973_16532918.jpg
まさに梅雨時期にぴったりの組み合わせなのです。
赤出しの味噌汁の具は「さやえんどう/豆苗から再生栽培」。
(つぎのブログで詳細アップします〜。)
f0228973_16534826.jpg
アップし損なってましたが、今年のイチゴさん達です。
f0228973_16553817.jpg
今年も朝のひとつまみ!楽しんでました。
小粒だったけれど甘くて幸せでした。。110.png




[PR]
# by ohashi_akiko | 2017-06-19 18:56 | 1)プランター栽培日記

はじめて北京(1泊観光)/ざっくりレポート

グルマン世界料理本大賞のセレモニーがあった煙台から
国内線で約1時間20分で北京へ。ホテルに午後3時に到着!

f0228973_01095934.jpg
「観光1線&2線」という故宮周辺を回るバスでまずは天安門。
道路が広い。。すべてが大きいです。中国。
f0228973_01101586.jpg
時間的に残念ながら「故宮博物館」は次の機会にし、
北門前にある「影山公園」の頂上、万春亭で全景を。絶景ポイントです。満足!
f0228973_01271677.jpg
てくてくと故宮の西側を歩いて、子供の頃から想像していた、
中国らしい風景に浸りました。窓枠や格子も美しいです。
f0228973_01273381.jpg
小腹が空いたので、北京名物ジャージャー麺を食べてみる。
f0228973_01370919.jpg
王府井小吃街もチェックです。すごい人でした!
f0228973_01372795.jpg
うわさのサソリの串焼き(笑)
f0228973_01375163.jpg
海外行ったらお約束。スーパーマーケットも行きました。(煙台)
写真右は蕃桃/バントウ、桃の原生種だそう。一個買ってホテルで食べたら甘くってびっくり。
f0228973_18155551.jpg
ところで、ウワサとおり本当に英語が通じません。
手話名人になりました(笑)!
でも人々は一生懸命助けようとしてくださって、親切でした。
(洗うように両手をすり合わせる→トイレ)
f0228973_01382520.jpg
翌日はちょっと贅沢し、
日本語の話せるドライバーの車を1台チャーター。
これは大正解!(約1万4千円)グループなら特におすすめです。

f0228973_01384256.jpg
早朝6:30にホテルにピックアップをお願いし、
念願の万里の長城へ。慕田峪長城です。日本では八達嶺長城が人気ですが、欧米ガイドブックではこちらが1番人気らしいです。
f0228973_01385830.jpg
想像していた通りの風景で、感激!
朝早かったので、ほぼひとりじめ。
運転手さんがチケット購入から全てやってくれるし
ためになるお話してくれて、道中も楽しかったです。
f0228973_01392171.jpg
食通のこの運転手さんが「じゃーじゃー麺食べるなら北京イチ!」
と連れて行ってくれたレストラン。
空港までのシャトルバス乗り場も、あんばいよくすぐの場所。
親切にバスの時間まで確認してくれました。
さんありがとう!
f0228973_01394094.jpg
ほんとうに本当に全部おいしい&値段も安っ!
昨日、故宮のそばのお店で食べたのはなんだったんだ。。!
(やっぱり地元の方のオススメですね。)
f0228973_01395770.jpg
あんまり美味しくってがつがつ食べちゃって、
肝心のジャージャー麺の写真をとり忘れました。
(下の写真はネットから拝借。)
f0228973_01401168.jpg
麺が違います、しこっと腰があって、茹でたて!
肉味噌ををかけて全部混ぜてから食べます。
「一椀居」 という名前のお店でした。
テラス席が気持ちが良くって、優雅な気分〜。

予定通りに、午後2時半北京空港に到着。
お土産を買って、帰りはあっという間に羽田に。
飛行機から、近づいて来た東京のキラキラした夜景をみながら、
ふと、何か自分はとても自由である、という思いがこみ上げ、
感謝の気持ちいっぱいに。

あまりに駆け足でしたが、北京は美味しいものだらけ。
観光するところも沢山あるので、
近いうちにまた是非、訪れたいです。。

中国大好きになりました。113.png



[PR]
# by ohashi_akiko | 2017-06-15 21:40 | 2)つれずれ日記

グルマン世界料理本大賞でグランプリ受賞しました!

信じられません、ベジタリアン部門で世界第一位受賞しました!
まだ頭ぼ〜っとしています。
f0228973_04293651.jpg
しかもイラストレーション部門でも世界第二位に。
f0228973_04295562.jpg

一位の人だけが呼ばれて舞台に立つのですが
この部門は「iconography」と「drawing」の二つに別れていることを知らず。最初の方のイコノグラフィの発表で入ってなかったので、こちらはだめだったんだ、、とその後みてなかった!(笑)帰国後、担当編集者のMさんに言われて気がつきました。。

ダブル受賞になりました。
f0228973_04303249.jpg
料理本のアカデミー賞といわれる「グルマン世界料理本大賞」。
右も左もわからずに、中国北京を乗り継いで「煙台」という場所に。海岸沿いのワイナリーがあるリゾート地です。

まずは会場に受付をしに行きます。
f0228973_04311618.jpg
夕方4時半から発表。どきどきでしたよ〜。
f0228973_04322342.jpg
感激して、泣いちゃいました。。
f0228973_04305190.jpg
ウエルカムディナーはバーベキュー
f0228973_04341304.jpg
ほとんど欧米人の人々です。
じつはこの「グルマン世界料理本大賞」は日本では余り知られてないですが、海外ではすごく有名な大会なのだそうです。

f0228973_04330249.jpg
ひとり参加で不安いっぱいでしたが、現地で他の日本人の著者の方々に会えてほっとしました。
f0228973_04350363.jpg
私の隣から、日本料理の松本さん、イタリアンの奥田シェフ、薬膳の谷口さんです。写真に写ってませんが、日本サンドイッチ協会(唯根さん&日野西さん)の合計5册が日本人でグランプリ受賞。90前後のカテゴリーがあるのですが、これはかなりの快挙だそうです。ベテランの松本さんが色々教えてくださって本当にありがたかったです!
f0228973_04353953.jpg
28日のセレモニー&ディナーの後は写真大会!
みんな緊張がほぐれてほっとしてます。
(一緒に写っている中央はフレンチ賞2位受賞の小川さんです。)


f0228973_04361151.jpg
この年齢になっても、こんな面白い事に出会えるんだ、、ドキドキする機会に会えるんだ!と、しみじみです。
f0228973_04363488.jpg
26〜29日までの間、昼間はコルトンブルーやら世界の有名シェフのマスタークラスが受けられます。右はクレープで沢山本を出しているmartineさん。私もキッチンで一緒に作らせてもらいました。
f0228973_04370305.jpg
主催者のコアントロー氏。リキュールのコアントロー家ってすごいですね。お兄様はコルトンブルーの理事、お母様はレミー・マルタンのファミリーだって!
f0228973_04374495.jpg
ワイナリーもちゃんと行ってみましたよ〜
f0228973_04381353.jpg
お土産で小さいボトルももらえます。写っているのは、アイスランドから来ていたパテステリー部門で受賞した著者&エディターのお二人。一緒に回ってくれました。
f0228973_04383816.jpg
ライブラリーもあって、受賞者の本が各国の国旗と共に並んでいます。コレ観るだけでも最高に楽しかったです!
f0228973_04390469.jpg
私と同じベジタリアン部門で、第三位に入っていた本。とっても素敵です。この本が3位で私が1位って!?と我ながら、、(笑)
f0228973_04395730.jpg
わたしの本もみっけ!
f0228973_04431579.jpg
ホテルはヒルトンでデラックスキングベットルーム。
会場まで徒歩5分です。もう最高に贅沢気分。。
f0228973_04434021.jpg
部屋の窓からはビーチが一望できます。
f0228973_04435985.jpg
この4泊5日の出来事の全て、一生忘れない!
ほんとうにありがとうございました。。

(北京1泊レポートにつづく)

::::::::::::::::::::::::
ちなみに「グルマン世界料理本大賞」とはこういうアワードです。

f0228973_17412719.jpg
ち、ちなみに「しあわせ野菜レシピ」アマゾン
お買い求めできます。

よかったらぜひ手に取ってみてください〜。

よろしくお願いします。


[PR]
# by ohashi_akiko | 2017-06-01 05:17 | 1)プランター栽培日記

お知らせ

f0228973_02565566.jpg
5/26〜30日まで留守にします。

「グルマン世界料理本大賞」にてベストイラストレーション部門&ベジタリアン部門にて日本代表に選んでいただきました。
中国の煙台で行われるセレモニーに出向きます!
どきどきです。楽しんできます。初めて中国です。
お仕事の方にはご迷惑をおかけして大変恐縮です。
もどりしだいご連絡します。
何卒よろしくお願い申し上げます。

( アップの有りものイラストが、バカンスっぽいのですが。。汗)


[PR]
# by ohashi_akiko | 2017-05-25 03:04 | 1)プランター栽培日記